HOME > お知らせ > 【重要なお知らせ】コロナウイルス感染症に対する当院の対応に関して

【重要なお知らせ】コロナウイルス感染症に対する当院の対応に関して

令和2年4月1日に、日本生殖医学会から「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する声明」が学会会員に対して出されました。内容は不妊治療の延期を選択肢として患者さんに提示していただくよう推奨します、というものでした。

このことは、現在世界で感染爆発をきたし、日本においても感染爆発が危惧される状況において、患者様の安全と感染拡大防止の観点から学会が出した声明であり、やむをえないものと考えています。そのことも踏まえて、当クリニックにおける今後の診療についてお知らせさせていただきます。

この声明は、ただちに不妊治療を中止してくださいというものではありません。現時点で妊娠初期に胎児に影響を及ぼす可能性が高い、妊娠中に感染した場合に重症化しやすい、母子感染の可能性が高くなるというデータは出されていません。

現在言えることは、COVID-19が妊娠初期に胎児に影響を及ぼすか?母体から胎児への母児感染を起こすのか?など妊娠に及ぼす影響については判明していないということです。

自身の置かれた状況やご夫婦の希望によって、難しい判断になりますが今ある情報で治療を継続していくかどうかを御夫婦に判断していただくこととなります。もちろんその際には一緒にご相談させていただくこともできます。COVID-19感染症に関する情報は、これから世界各国からの蓄積されたデータから新しい知見が出てきます。クリニックとしましては、これらの情報を患者様に提供できるようにする形でご夫婦の意思決定を支援していきたいと思っています。その上で、治療を継続する患者様には今まで通りの治療環境を最大限提供できるようにクリニックとして努力して参ります。

クリニックでは午前診療開始前、午後診療開始前にドアノブや机などのアルコール消毒を行っています。待合室・診察室・内診室にウイルス除菌を目的とした次亜塩素酸水加湿器の設置、職員はマスク着用と手洗いの徹底を行っています。内診時に使用していたバスタオルにつきましては、しばらくの間は使用中止とさせていただきます。

患者様にもお願いをさせていただきます。来院時には、極力マスクの着用をお願いします。また咳エチケットの実施、石鹸やアルコールによる手洗い、消毒をお願いします。また、キッズルームのご利用は必要最低限でお願いします。

体調不良や、発熱、咳、味覚嗅覚障害などの症状がある場合には来院を控えていただきますようお願いします。

COVID-19感染症は現在も世界で感染者が増加しております。現在行っている対策は、現時点のものであり、今後につきましては状況を踏まえて変更になる可能性があります。

北海道においては、COVID-19感染症患者の新規発生は鈍化していますが、まだまだ予断は許さない状況です。これから北海道で再度の感染増加の可能性は十分にあり得ることです。

当院の基本理念はWith Up ” です。

治療は辛いときも嬉しいときも患者様と一緒にクリニックの全スタッフが寄り添い支えていきたいと思っています。今がまさしくその時と思います。我々クリニック職員、そして患者さんの皆で、一緒に協力してこの危機を乗り越えていきましょう。

さっぽろARTクリニックn24  院長 藤本 尚

PAGE TOP