HOME > その他 > 体外受精の治療成績

治療成績について

当クリニックは2019年5月に開院しております。
現在は2019年5月から2019年12月までの体外受精の治療成績を掲載しています。

年齢別の妊娠率と流産率

当院で2019年5月(開院)~12月に実施した体外受精、顕微授精によって得られた凍結胚祖使用した、凍結融解胚移植における妊娠率(妊娠周期数/移植周期数)と流産率(流産周期数/妊娠周期数)を示したものです。

子宮内に胎嚢が確認できた状態を妊娠とし、化学的妊娠や子宮外妊娠は含みません。

年齢が高くなるほど、妊娠率が低下し、流産率が上昇するのがわかります。
※ 日本産科婦人科学会のデータは2020年6月現在最新のデータは2017年のものになります。
PAGE TOP