HOME > 診療案内 > 体外受精/顕微授精 > Veeck分類

Veeck分類 :初期胚(培養2~4日目)の評価方法

 卵子は受精後に細胞分裂を繰り返していきます。受精後の卵子(受精卵)のことを ”胚” と呼びます。培養2~4日目の胚の状態を評価する物差しとしてVeeck分類を用います。

実際の胚の成長写真

***培養1日目***

2前核(2PN)
**培養2~3日目**

2細胞期
**培養2~3日目**

4細胞期
**培養2~3日目**

8細胞期
***培養4日目***

桑実胚期
***培養4日目***

融合桑実胚期

Veeck分類による評価

 細胞の大きさとフラグメントの割合を5段階のグレード(G)で評価します。G1が最も良好な評価です。

 フラグメントとは・・細胞分裂の際に生じた、細胞質の断片です。胚の中のフラグメントの占める割合が少ないほど、細胞分裂が順調で、胚の染色体異常も少ないと報告されています。

胚評価の実際

8 G1
⇒ 細胞の数が8個、細胞の大きさが均一でフラグメントが10%未満と判断

4 G2
⇒ 細胞の数が4個、細胞の大きさが均一でフラグメントが10%以上と判断

PAGE TOP