新型コロナワクチンの世界での接種状況

830×510 コロナウイルス関係

Our World in Data  (データで見る我々の世界) 

 

現在はグローバルな時代で、インターネットで世界とつながっています。今回の参考にしているデータはイギリスのオックスフォード大学が運営するOur World in Data  (データで見る我々の世界)は、世界規模の問題に関する質の高い研究を、世界のだれもが理解できるものとするために公開しています。

新型コロナウイルスに関する最新の研究では、死者数の新規発生数と国別の累計死者数、ワクチンの接種状況などのデータを公開しています。

今回のデータは全てこのOur World in Data に掲載されているデータになります。

Our World in Data  (データで見る我々の世界)
英語のサイトですが、パソコンでもスマートフォンでもGoogle Chrome(ブラウザー)で閲覧する場合には、日本語に翻訳することができるのでだれでも見ることができます。

2021/3/20 現在の状況です。

210320 国別接種割合

世界全体では、まだ3.3%しかワクチンを接種していない。最も多いのはイスラエルで人口の59.6%が接種を終えている。日本は、まだ人口の0.4%に過ぎないのがわかります。

210320 ワクチン国別接種人数

世界全体ではすでに4億3千万人超がワクチンを接種しています。国別ではアメリカが1億2千万人中国が7000万人が接種を受けています。日本は、まだ578,835人のみです。

PAGE TOP